不老不死への科学

老化・不老不死 脳研究 人体冷凍保存・不老不死 再生医療・臓器移植 アンチエイジング 医療技術 遺伝子・タンパク質の操作 病気の治療 分子生物学 化学 物理 ロボット 宇宙


◇ロボット

2005/06/13
PCに新時代到来? デュアルコアCPUの基礎知識(上)

2005/06/13
PCに新時代到来? デュアルコアCPUの基礎知識(下)

米AMD社と米インテル社が最近、デュアルコアCPUを相次いで発売、PCに新時代が到来したと宣伝している。乗り換えるべきか、またそのタイミングは? Q&A形式で、デュアルコアCPUに関する基礎知識をご紹介。

2005/06/10
動物の「言語」体系を解析−−人工知能とファジー理論を応用

アリゾナ砂漠に住むプレーリードッグの一種は、天敵の接近などを仲間に知らせるときなど、色や形の表現を含むかなり詳しい内容を伝えるとされる。彼らの「言語」を突き止めようと、2人の研究者がコンピューターによる分析を行なっている。人工知能の原理とファジー理論を応用して、動物の言葉の「暗号破り」を試みようというのだ。

2005/05/31
バーチャル・エージェントでマインドコントロール

2005/05/12
米コーネル大、自己複製ロボットを開発

勝手に自分と同じ形のものを作るロボットを開発。生物と物質の境界も曖昧になってきているのかもしれない。

2005/04/15
人型ロボットやって来る(asahi.com)

2005/04/06
高高度の安定した強風を利用する「飛行発電機」(下)(hotwired)

2005/04/06
高高度の安定した強風を利用する「飛行発電機」(上)(hotwired)

つねに強い風が吹いている高度約4600メートルに滞空して効率のきわめて良い風力発電を行なう「飛行発電機」を考案したオーストラリアの工学者が、米国の新興企業と共同で商用化に取り組んでいる。ヘリコプターに似た回転翼航空機で、発電した電気を動力源として何ヵ月も滞空でき、ケーブル経由で地上に送電する仕組みだ。

2005/04/06
数ヵ月の自動航行が可能な自律型潜水艇(AUV)(hotwired)

海洋調査研究で自律型潜水艇(AUV)が新戦力になっている。たとえば、搭載バッテリーで最大約5600キロを航行できる『スプレー』の場合、水深約1000メールトまで潜行してから海面に浮上するという動きを1日3回繰り返す。深海で観測を行ない、浮上している間に衛星通信でデータを送信すると同時に、航路の指示を受信する。海流に押し流されても、推測航法を使って自分の位置と方向を計算できるという。

2005/04/04
「人間そっくりにしゃべる」3Dアニメ作成ソフト(hotwired)

人が発話する際の表情をリアルに再現するアニメーション生成ソフトを、英カーディフ大学の研究チームが開発している。話す人の表情を3Dビデオカメラを使って「学習」するシステムで、将来的には、会話の音声入力からCGキャラクターの自然な口の動きを生成することを目指す。

2005/04/01
無人航空機:群れ行動アルゴリズムによる編隊飛行に成功(hotwired)

米アテア(Atair)・エアロスペース社はこのほど、群行動生成アルゴリズムを使った無人航空機(UAV)の自律飛行に世界で初めて成功したと発表した。自立的に操舵するパラグライダーのシステム5機からなる2つの編隊を空中で投下し、緊密な隊形を保ったまま目標地点に到達させることに成功した。

2005/01/30
読解と推論ができる人工知能

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー