不老不死への科学

老化・不老不死 脳研究 人体冷凍保存・不老不死 再生医療・臓器移植 アンチエイジング 医療技術 遺伝子・タンパク質の操作 病気の治療 分子生物学 化学 物理 ロボット 宇宙


◇サイエンスニュース

老化・不老不死関連の記事

2005/05/19
韓国で患者のクローン胚からES細胞作製(上)

韓国で患者のクローン胚からES細胞作製(下)

韓国の科学者チームが、患者のクローン胚を作り、そこから胚性幹細胞(ES細胞)を取り出すことに成功した。成功の要因の1つは、医療機関で余った胚を利用するのでなく、妊娠可能な若い女性から取り出したばかりの卵子を使用したことだ。ES細胞治療が実現に大きく近づいたため、今後卵子の需要が増加し社会問題になると懸念する声もある。
再生医療の実用化もかなり近いところまで来ているようだ。

2005/05.09
「老い」を防ぐには外出や運動週3回 判断、動作ぐっと速く

2005/05/07
卵巣表層細胞から卵子への分化に成功

テネシー大学のチームが、39歳から52歳の女性5人の卵巣表層上皮細胞を卵子に分化させることに成功した。研究を率いた教授は、昨年、女性は生まれたときから一生分の卵子の数が決まっているというそれまでの定説を覆す研究の一端を担った人物だ。今後、この卵子が受精可能と証明されれば、不妊治療やクローン胚作成をめぐる状況が劇的に変わる可能性がある。

2005/05/06
イレッサ無効を血液判定 65%を予測

2005/05/06
進化する「脳-コンピューター直結インターフェース」

2005/05/05
失明患者を救う人工網膜、数年以内に商品化の可能性も

網膜上の光受容体の損傷により失明した患者を救う人工網膜の開発が進められている。ビデオカメラでとらえた映像を患者の網膜につながれた電極に送るこの装置は、これまでに6人の被験者に埋め込まれ、全員が光や物の動きを感じるまでに視力を回復させたという。順調に進めば、3年以内に商業生産される可能性もある。

2005/05/02
ヘルニアの原因遺伝子発見 軟骨の再生を過剰に抑制

2005/04/25
細胞表面の繊毛遺伝子特定 機能解明へ、京都大教授ら(共同通信)

2005/04/25
脳活動から心読み取る 血流画像を解析(共同通信)

2005/04/24
視覚障害者向け支援技術の現状(上)
視覚障害者向け支援技術の現状(下)

視覚障害者に対し、身の回りの様々な情報を伝達する装置を開発する。

2005/04/22
体内時計、肥満にも関与 米チームがマウスで実験(共同通信)

2005/04/21
幹細胞、長い培養でがん化 欧で確認、安全確保に課題(共同通信)

2005/04/21
羊膜細胞を骨や神経に ツーセル・広島大が事業化

2005/04/20
HIVを封じ込めるバクテリア、ヒトの体内から発見

ヒトの体内に共生しているバクテリアの中から、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を封じ込め、感染を未然に防いでくれる乳酸桿菌が確認された。この発見により、将来的には、安価かつ容易な方法でHIVに対抗できるようになるかもしれない。

2005/04/19
脊髄損傷の幹細胞治療、ラット試験からすぐ人間へ?(上)

脊髄損傷の幹細胞治療、ラット試験からすぐ人間へ?(下)

脊髄を損傷したラットへの幹細胞治療の有効性が報告されており、人間への応用が期待されている。来年の臨床試験開始に向けて動いている会社や研究者もいれば、まずはサルなどの大きな動物でデータをとるべきだと主張する研究者もいる。

2005/04/18
「幸福は最良の薬」を裏付ける研究成果

「喜び」や「感謝」を強く感じている人は、否定的な感情が多い人よりも10年も長生き。不幸せな人と幸せな人とでは、健康状態に大きな影響を与えるホルモンであるコルチゾールの濃度に32%の差があった――不幸せな人にはさらにストレスになりそうな研究結果を集めてみた。

2005/04/15
光を当てると形状が変化するプラスチック素材

特定の波長の光を当てると形状が変化するプラスチック素材の研究が進んでいる。光を当てる位置の調整によって、あらゆる形状を作り出せるという。たとえば細い糸の状態で血管に挿入し、光ファイバーを使ってこれをらせん形に変え、詰まった血管を広げるなど、医療用途をはじめとして、幅広い分野への応用が想定されている。

2005/04/13
怪我をしたウマに幹細胞治療(hotwired)

ヒト幹細胞の医療目的での利用はまだ研究段階にあるが、カリフォルニア州のある企業では、ウマの怪我治療に、そのウマ自身の脂肪組織から抽出した幹細胞を利用して成果を収めている。これらの臨床例は、将来的に、ヒトへの幹細胞治療の実現に寄与するものと見られる。

2005/04/08
イモリの再生能力から学びヒトの細胞を幹細胞に戻す研究(hotwored)

イモリから取り出したタンパク質をマウスの筋肉細胞に注入したら、筋肉細胞が幹細胞に変わった。
これを人間の細胞にも応用できれば倫理的な問題もなく、様々な臓器を作り出すことが期待される。

2005/04/07
インクジェットが骨折も治す--英研究者グループ、新技術を開発中(CNET Japan)

2005/04/06
魅力的な雄は早死に?(Newton)

えさを獲得する能力が高く,魅力的なコオロギほど短命らしい。

2005/03/21
アルツハイマー予防に光 理研、抑制の仕組み解明(共同通信)

2005/03/18
細胞死防ぐタンパク質特定 アルツハイマー病抑制(共同通信)

2005/02/28
外科手術のシミュレーションソフト、2年後には利用可能に?(hotwired)

外科手術の結果が手術前に分かるソフトを開発中らしいです。
このソフトを完成させるためのアルゴリズムや方程式は非常に複雑です。
しかしこれが完成すればこれからの医療がどんどん変わっていくでしょう。

2005/02/14
HIVをベクターとするガンの遺伝子治療、マウスで成功(hotwired)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に遺伝子操作を加え、マウスのガン細胞を攻撃させるという実験に成功した。このように遺伝子治療のベクター(治療遺伝子の運び手)としてHIVを利用することは、これまでも試みられてきたが、成果は限られていた。
癌を薬で治療する時代も近いかも?

2005/02/02
ヒトES細胞からニューロンを作る(hotwired)

脳内のニューロンは分裂することがなく、時間とともにどんどん死滅していく。
このような技術は失われたニューロンを補うことで脳の機能を回復できる可能性を持っている。

2005/12/23
遺伝子の新合成法(Newton)

2004/11/05
『スピリチュアルマシンの時代』のカーツワイル氏に聞くナノテクの未来(hotwired)

ナノテクノロジーが老化抑制に応用できるそうだ。この人すごいこと言ってるな。

2004/10/28
敵が多い方が若々しい?(Newton)

2004/08/26
がんの新治療法?(Newton)

2004/05/21
パーキンソン病の原因(Newton)

2004/02/19
腫瘍の効果的な治療法(Newton)

2004/01/29
妊娠したら食事に注意(Newton)

2003/11/07
絶滅直後の生物種は長寿(Newton)

2002/11/20
永遠の命を求める人々の心理を探る(hotwired)

2002/11/18
著名発明家のカーツワイル氏、自身の冷凍保存による延命を計画(hotwired)

2002/07/09
遺体の冷凍保存への期待と現実(hotwired)

2001/07/20
遺体の冷凍保存に賭ける人々(hotwired)

2002/03/09
世にも奇妙な「冷凍遺体祭」(hotwired)

2000/12/14
突然変異遺伝子で寿命が倍に?(hotwired)

1999/08/09
論議を呼ぶ不老不死研究(hotwired)

1998/11/06
不死を約束するジェロン社の株価急騰(hotwired)

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー