不老不死への科学

老化・不老不死 脳研究 人体冷凍保存・不老不死 再生医療・臓器移植 アンチエイジング 医療技術 遺伝子・タンパク質の操作 病気の治療 分子生物学 化学 物理 ロボット 宇宙


◇サイエンスニュース

病気の治療

2005/05/06
イレッサ無効を血液判定 65%を予測

2005/05/02
ヘルニアの原因遺伝子発見 軟骨の再生を過剰に抑制

2005/04/22
体内時計、肥満にも関与 米チームがマウスで実験(共同通信)

2005/04/20
HIVを封じ込めるバクテリア、ヒトの体内から発見

ヒトの体内に共生しているバクテリアの中から、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を封じ込め、感染を未然に防いでくれる乳酸桿菌が確認された。この発見により、将来的には、安価かつ容易な方法でHIVに対抗できるようになるかもしれない。

2005/04/18
「幸福は最良の薬」を裏付ける研究成果

「喜び」や「感謝」を強く感じている人は、否定的な感情が多い人よりも10年も長生き。不幸せな人と幸せな人とでは、健康状態に大きな影響を与えるホルモンであるコルチゾールの濃度に32%の差があった――不幸せな人にはさらにストレスになりそうな研究結果を集めてみた。

2005/04/07
インクジェットが骨折も治す--英研究者グループ、新技術を開発中(CNET Japan)

2005/04/06
魅力的な雄は早死に?(Newton)

えさを獲得する能力が高く,魅力的なコオロギほど短命らしい。

2005/03/21
アルツハイマー予防に光 理研、抑制の仕組み解明(共同通信)

大脳細胞が作れることは脳の機能維持には欠かせない技術だ。

2005/03/18
細胞死防ぐタンパク質特定 アルツハイマー病抑制(共同通信)

2005/02/14
HIVをベクターとするガンの遺伝子治療、マウスで成功(hotwired)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に遺伝子操作を加え、マウスのガン細胞を攻撃させるという実験に成功した。このように遺伝子治療のベクター(治療遺伝子の運び手)としてHIVを利用することは、これまでも試みられてきたが、成果は限られていた。
癌を薬で治療する時代も近いかも?

2004/08/26
がんの新治療法?(Newton)

2004/05/21
パーキンソン病の原因(Newton)

2004/02/19
腫瘍の効果的な治療法(Newton)

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー